製紙工場では平置き倉庫に原紙在庫を保管していて、フォークリフトで在庫を移動させています。
製品には仕様が書かれた紙のラベルが貼られていて、人はそれを見て管理をしています。広大な敷地の倉庫なので、どこに何が置いているのか把握することは大変です。

当社のサービスは、フォークリフトが製品を移動させるときに何をどこに移動させたのか、自動的に把握できる機能を提供します。実現させるために、次の2つの技術を組み合わせています。(特許取得済み)
※出願番号 2018-163505
公開番号 2020-033173「管理システム、位置算出プログラム、位置算出方法及び管理装置」

  1. 製品の固体認識
    フォークリフトが製品を掴んだ時に、フォークリフトの爪先に取り付けた、IoTカメラユニットが紙ラベルの印刷画像から自動的に情報を識別致します。
  2. フォークリフトの位置座標把握
    人工衛星→GPSの原理を応用して、天井に貼り付けた紙に印刷したマーカーを全天球カメラが捕捉して、3次元位置座標を測位するという富士通株式会社の技術を採用しております。

カーナビゲーションシステムに搭載されているGPSは、人工衛星から発信された電波を補足して、自動車の位置を把握しています。人工衛星は移動しているため、4つ(縦・横・高さ・時間)の衛星の電波が必要になります。その原理を応用して、電波の代わりに、マーカーの画像を人工衛星に見立てて全天球カメラの位置座標を算出します。静止しているため3つ(縦・横・高さ)のマーカーが写り込めれば、全天球カメラの3次元位置座標を算出することが可能です。

天井に、マーカーが印刷された紙を貼り付けると、その画像を識別して自分自身の位置座標を算出します。電波を発信するビーコンを使用することで同じことが可能ですが、高所に設置すると数年おきに内蔵電池を交換する必要がでてきます。当社の手法は紙であるから非常に安価であり、電池交換の必要もありません。

本ユニットをフォークリフトの爪先に取り付けて、掴もうとする製品に貼り付けられているラベルの画像を読み取ります。本ユニットには製品との距離を測る距離センサーが搭載されており、フォークリフトが何かをつかんでいるのか、いないのかなど、状態を把握することが可能です。

爪先に設置されたIotカメラユニットが撮影した画像は、無線で運転席のタブレット端末に転送されます。撮影画像からターゲットとなるラベルの画像を機械学習で抽出して、記載されている文字情報をOCR処理により識別します。天井に設置された位置を測位するIotユニットがマーカーを補足して、フォークリフトの位置座標をリアルタイムに把握します。取得した座標データーをあらかじめ設定した倉庫のマップに反映することで、どこに何が置かれているのかを把握することが可能となります。